FC2ブログ

まばたき一つするにも、酵素が必要!

私たちは生きるために毎日食べ物を食べ、その食べ物に含まれている栄養素(炭水化物、

タンパク質、脂肪)を消化し、そして体内に吸収して、エネルギーへと変換しています。

この食べ物の「消化・吸収」には、「消化酵素」が使われます。

そして体内に吸収された栄養素がさまざまな活動を営むとき、「代謝酵素」がその媒介

を行います。


酵素は身体で起こるすべての化学反応、生物反応に関わるものなので、酵素無しでは

食べた物を消化吸収することもできなければ、呼吸をしたり、歩いたり、人と話したり、

笑ったりといった、ありとあらゆる生命活動をすることができません。

まばたき一つさえ、酵素の存在なしではすることができないのです。


私たちの体を自動車に例えると、栄養はガソリン、酵素はバッテリーのような役割

を果たしていると言えるでしょう。いくらガソリンを満タンにしても、バッテリーが

機能しなければ、車は走れません。


すべての器官、組織の中には、独自の働きをする「代謝酵素」が存在し、人体の中には

三〇〇〇種類以上の酵素が存在すると言われています。消化酵素だけでも二四種類あり、

動脈内にある酵素は九八種類にも及びます。


酵素は頑固な職人のような性質があり、たとえばアミラーゼという消化酵素は炭水化物

の消化だけを行い、SOD(スーパー・オキシド・ディスムターゼ)という代謝酵素は

活性酵素を除去する働きをするなど、それぞれの酵素群が決まった役割分担で

仕事をしています。

そのため、ある仕事を行う酵素が不足することによって、生命活動に支障をきたす

ことさえあります。難病と呼ばれる病気の中には、酵素欠損が原因とされるものも

たくさんあるのです。

また酵素は、気に入らない環境では仕事をしなくなるという性質があります。温度は

摂氏三七~四六度、中性に近いペーハー6~8くらい、こういった環境が酵素にとっては

最適です。少し身体が温まっているときに、酵素がよく働くと言えます。


酵素はあたかもそれ自身が命を持った生き物であるかのように、人間の生命活動を

支える仕事をしてくれているのです。

だから、酵素をより効率よく働かせるには、適度な運動を行ったり、半身浴で

身体を温めるなど、自分自身で新陳代謝をよくすることが大切です。

酵素補給はコチラ
スポンサーサイト



なぜ、酵素がダイエットや美容、健康維持に必要なのか

いくらサプリメントや健康食品、栄養価の高い食べ物を摂取しても、
「酵素」がなければ「全く無意味」なことを、多くの人が知らないのです。

実は、酵素が働かなければ、体に栄養は吸収されないのです。

人は生まれた時、体内に「スプーン一杯分」の酵素を持って命を受けます。

残念ながら、体内にある酵素は増えることはなく、
「スプーン一杯分の酵素」を、少しずつ消耗しながら生きていきます。

ちなみに、一日に利用できる「酵素」も決められており、
その「僅かな酵素」をやりくりして、一日を生きなければなりません。


この一日に使える酵素を「潜在酵素」と言います。


そして、この「潜在酵素」は、必要に応じて、「消化酵素」と「代謝酵素」の2種類に分かれます。


実は、口から入れた食べ物やサプリは、「消化酵素」によって
消化分解されることで、初めて「栄養」として体内に吸収されるのです。

つまり、酵素が、サプリメントや健康食品よりも
「必要不可欠」である事が、お分かりいただけたはずです。

潜在酵素が、「消化酵素」ばかりに使われると、
「代謝酵素」に回る分がなくなり、あらゆる健康被害が起こります。

ちなみに代謝酵素とは、体の新陳代謝や免疫力、
人間の「あらゆる生命活動」を担う、これも「根本」です。


事実、代謝酵素がなければ、
人間は「まばたき」すら出来ないと言われています。

つまり、酵素をムダ使いしないためには、
食べ物から「酵素」を補給しなければならないのです。

ところが、食べ物から酵素を補給するためには、
加熱されていない生野菜や果物、生肉、生魚を摂取しなければなりません。

しかし、ご自身の食生活を、振り返って頂ければ分かりますが、
現代人の食事は、加熱したものばかりで、肉や油モノ中心の食事です。


ちなみに、肉や油モノの食事は、「消化酵素」をやたら消耗します…。


結果、食物から酵素を補給することができず、
かつ「消化酵素」のムダ使いによって「代謝酵素」が不足します。

代謝酵素が不足するということは、どういうことでしょうか?

そう、新陳代謝や免疫が、衰えるということです。


新陳代謝が落ちることで、内臓や、お肌、見た目…
あらゆる老化現象が起こり、更に、太りやすい体になります。

その他にも、体の代謝の低下により、便秘になりやすく、
血行不良による、肩こりや冷え性などの健康被害も出てきます。


特に、全ての病から体を守る「免疫力」も低下するため、
三大生活習慣病は勿論のこと、あらゆる病気にかかりやすい体になります。

この様な、既に医学的にも明らにされている「酵素の真実」を、
多くの日本人が教えられず、どんどん酵素を消耗し、老化と病に突き進んでいます。


上記の内容で如何に「酵素」がダイエットや美容、健康維持に必要なのかが
お分かり頂けたと思います。

酵素を摂取するにはこちらをクリック

テーマ : ダイエット・美容・健康 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

酵素で疾患予防、健康促進

「免疫機能の強化」と「食事による体に悪い成分を分解、消化する」という

2つの働きにより、健康状態を高く保ち、病気の予防につながると考えられます。



エスキモーは少し前までは生肉を食べていました。

その時代には心筋梗塞等の疾患はありませんでした。

しかし、近代文明が入ってきてからは、

焼いた肉を食べるようになって欧米並みに心臓病が発病するようになりました。

これは生肉を食べていた時は、肉の脂は肉が持つ酵素によって自然に分解されていたのです。

つまり肉に含まれるリパーゼが肉自身の脂を分解していたので、それを食べていたエスキモーの

体には脂は蓄積されませんでした。

しかし、肉を焼いてしまったために、肉に含まれるリパーゼが死んでしまいエスキモーの体で肉の

脂全てを消化、分解できなくなり、肉の脂が体内に蓄積されて動脈硬化の原因となったのです。

食べ物から酵素を得るためには、生のものを食べなければなりません。

人間がそうであるように、植物でも動物でも、生きていくためには酵素が必要なのです。

ですから、植物も動物も生の状態なら酵素を持っています。

しかし、わずかな熱で酵素はすべて殺されてしまいます。

本来自然が与えてくれる酵素を、食事からほとんどとることのできない私たちは、

その分を補うために体の力を削って生活し、

そのしわ寄せとして現代人と同じ生活習慣病を抱える人が激増しています。



消化酵素をとることで、この状態を改善することができます。

消化にまわす体の力(体内の酵素)を免疫などにまわすことができるようになり、

免疫力が高まると考えられます。酵素が免疫機能を強化するということです。

風邪などは夜更かしや過労などで体力の低下したときに引きやすくなります。

これは、免疫力が低下したため、風邪ウイルスをやっつけることが出来ないことによります。

免疫低下は他にも多くのウイルスや細菌感染の原因になり、

また癌などにもかかり易くなることを意味します。



おいしい料理には、油がつきものですが、酵素を摂取することで食事による脂肪分を

消化しますので、動脈硬化や肥満の原因となる体への脂肪の蓄積を防ぐことが出来ます。

脂肪を確実に分解することで、心筋梗塞や脳卒中などの動脈硬化が原因で起こる

病気は確実に減らすことができます。

酵素を摂取するにはこちらをクリック

テーマ : 健康で過ごすために - ジャンル : ヘルス・ダイエット

酵素で美容&ダイエット

酵素は体の基本作りをします。 それが健康であり美容であり、

結局はどちらも同じ方向性の中に存在するのではないかと思います。

穴のあいたバケツでは水がくめないのと同じで、どんなに良い薬やサプリメント、食品をとっても

消化、吸収できなければまったく意味がありません。

食事中の脂肪分、蛋白質、糖分、炭水化物などの消化を手助けしてくれると言うことは、

色々な病気の助けになったり、またそれ以上に病気の予防に役立ちます。

また、消化がきちんと行われるということは皮膚や髪の状態にすごく大切なことです。

油物や砂糖を続けて多く摂ってしまうと皮膚はどんな状態になるでしょうか?

スナック菓子やチョコレートなどがその典型ですね。

たくさん食べてしまうと、ブツブツが出たり皮膚がザラザラしたりしませんか?

またニキビのある方がそういうものを食べると悪化しませんか?

消化しきれない脂分などは皮膚を荒らす原因となってしまいます。

また、痩せたいけど上手く痩せることができない人はどうでしょうか?

この第一の原因はやはり食べ過ぎによるものだと思います。

ご自身の食事をもう一度考え直してみましょう。

無意識のうちに、間食してしまっている人も多いですよ。



腸をしっかりと休ませる。

腸は第二の脳と言われるほど、頭が良いのです。

自分の身体に必要なもの、不要なものをしっかりと選別してくれます。

健康な腸を育てるには小食腹八分が一番です。

食事からの脂肪を分解して体に蓄積されるのを防ぐためには酵素を摂取してください。



余談ですが、若返りしたい方、この場合はなにも顔のシワを目立たなくしたりの

見た目の若返りではだけではありません。細胞レベルでの若返りです。

見た目はもちろんのこと、体の内面も若返るということは大変素晴らしいことです。

なによりも、機能の含めてひとつ前の体が手に入るからです。

酵素はこちらをクリック

テーマ : ダイエット - ジャンル : ヘルス・ダイエット

酵素の働き

酵素は大きく「代謝酵素」と「消化酵素」に分けられており、代謝酵素はからだの

正常な働きに必要なもの、消化酵素は食べた物の消化に必要なものとなります。



私たちの体の中のすべての器官、組織は、代謝酵素の働きによって活動しています。

ビタミン、ミネラル、ホルモンも、酵素なしでは何の働きもできません。

何千という代謝酵素が、体を正常に動かしたり、老化を防いだり、お肌をきれいに整えたり、

病気やけがを回復させるために働いています。



大工さんが家を建てることを想像して下さい。タンパク質、炭水化物、脂肪

という材料を使って体を築き上げる大工さんが酵素です。たとえ建築材料の

すべてをそろえたとしても、大工さんなしでは家は建ちません。

「健康」はこれらの代謝酵素がどれだけ素晴らしい働きをするかにかかっています。

代謝酵素の不足は、健康を害し、時に重大な疾患を引き起こす原因となります。

私たちは体の中に潜在酵素を持ってこの世に生まれてきます。

そしてその潜在酵素を、必要に応じて代謝酵素や消化酵素に振り分けています。

もし、体内でたくさんの消化酵素が必要になると、代謝酵素が十分確保できなくなってしまいます。

では、どうすれば十分な代謝酵素を得ることができるのでしょうか?



代謝酵素は薬や食べ物から摂取することができません。

ところが、食べ物を消化する「消化酵素」は、食物から取ることができます。

すべての植物、動物は自分自身を分解する酵素を持っています。

果物や野菜には、植物の繊維を分解するセルラーゼという酵素が多く含まれています。

赤身の肉には大量のプロテアーゼ(タンパク質を分解する酵素)と少量のアミラーゼ

(炭水化物を分解する酵素)が含まれています。

乳製品、油類、種子類、豆類には、比較的多くの脂肪が含まれていますが、

同時に脂肪の消化を助ける酵素リパーゼも多く含まれます。

つまり、自然界においては食べ物の中に、消化しやすいように、

正しくバランスのとれた大量の酵素が入っているのです。

ところが実際には、私たちは冷蔵庫の中の「リパーゼ」のない牛乳を飲み、

プロテアーゼもアミラーゼもないステーキを食べて生活しています。

食べ物から本来含まれる酵素を同時に摂取するには、生の状態で食べなければいけません。

加熱、殺菌処理された時点では酵素は死んでしまうからです。

生肉を食べていたエスキモーは心臓病と無縁の生活を送っていましたが、焼いた肉を

食べるようになってからはじめて、心臓病を患うようになったのです。



「日持ちするように火を通す」ということは、誰でも知っています。

生ではすぐに腐ってしまうものが、火を通すことにより腐りにくくなります。

「火を通した食べ物は腐りにくい」=「体の中で消化しにくい」ということなのです。

つまり、生のものならば5の力で消化できるものが、

火を通したため消化するには10の力が必要になるのです。



体は、より多くの消化酵素を作り出して懸命に消化活動を行います。

それでも、十分に分解しきれない脂肪や蛋白が体の中をかけまわり、

さまざまな弊害をもたらします。

よく言われる「血液がドロドロ」というのは、

分解しきれない蛋白や脂肪などがその原因となっております。

「血液がドロドロ」状態は言い換えると、微小血流が低下(悪い)している状態ですので、

手足の冷え、肩こりなどの症状から、

脳血栓や心筋梗塞などの疾患の原因となることさえあります。

過剰な脂肪は皮膚を荒らしますので、ニキビやアトピー性皮膚炎を悪化させたり、

また動脈硬化の原因ともなり成人病発病の引き金ともなります。

過剰なタンパクは腎臓に対して悪影響を与えます。



このように現代の加熱調理した食事はさまざまな疾患の原因となり、昔には存在し得なかった

さまざまな疾患が現代に出現してきたことの大きな原因となっているのです。

酵素を摂取するには、こちらをクリック

テーマ : ダイエット・美容・健康 - ジャンル : ヘルス・ダイエット